Skip to content

2009 / 1 / 24

25歳、誕生日おめでとう。

by ayumu

あやうく忘れるところだった。Happy Mac

Macintosh、25歳の誕生日おめでとう。

ぼくは、ほんとうにたくさんのことをMacintoshから教えてもらいました。

その中でも一番大切なのはたぶん、「理想を追い求めることの価値」です。

理想を追い求めることを空想ではなく、現実のこととしてとらえ、現状をどうやったら理想に近づけることができるのか、ということを事実の積み重ねによって見事に体現してきてくれたのが、Macです。

Altoも、Windowsも、ある意味で世界を変えたコンピュータシステムと言えるでしょう。

でも理想と現実を目の前で地道につきあわせながら、本当の意味で世界を変えたのは、Macintoshだと思います。

このコンピューターが25年たった今も存在し、ぼくの目の前にあることに感謝します。

これを産み出してくれた人たち、本当にありがとう。ことにスティーブ・ジョブズ。ありがとう。早く病気を治して復帰してほしい。

ちょっと前のぼくには、こういう書き方をすることがためらわれたものでした。信者と思われたくない。

でも今のぼくにははっきり言えます。ぼくはアップル信者でもMacintosh信者でも、ましてジョブズ信者でもありません。
そうではなく、ぼくは彼らと、彼らが作り出してきたものから、たくさんのことを学んだのです。教授についた学生が様々なことを学ぶように、ぼくはMacを作った人々の弟子なのです。批判をすることもありますが、教わったことがそれで無になることは決してありません。

昨年秋の勝利演説で、オバマはこういう言葉を使いました。

We have come so far.
われわれは、ここまできた。

そういえば、アップルの設立十周年記念誌のタイトルは「So Far」でした。

オバマはこう続けます。

But there is so much more to do.
しかし、まだやることはたくさんある。

そう、まだやらなければいけないことはたくさんある。

Macintoshから学んだことを活かさなければいけないことは無数にあります。
その一助にならんと、日々思い、活動するばかりです。

Read more from 日記・つぶやき

Leave a comment

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

required
required